このページの本文へ

コスパ良好なASUS最新スマホ「ZenFone 3」の海外版が店頭初登場!

2016年07月29日 09時59分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国内未発売となる、ASUSの最新スマートフォン「ZenFone 3(ZE520KL)」がアキバ店頭に早くも登場。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて販売が始まっている。

ASUSの最新スマホシリーズから、第1弾モデルとして無印の「ZenFone 3」が入荷。前モデルとは異なり、高級感もアップしている

 5月末にCOMPUTEXにて発表された、ASUSの最新スマートフォンが国内発売に先駆けて直輸入で登場。まず第1弾として入荷したのは、シリーズ中のミドルレンジモデルにあたる無印のZenFone 3だ。フルHDディスプレーや3GBメモリー、上位機種匹敵の高性能カメラを備えるなど、コストパフォーマンスに優れている。

 プラスチック製ボディーだった旧モデルから高級感がアップ、2.5Dアークガラスとガラス素材のボディーを採用。ディスプレーはフルHD解像度の5.2型液晶で、プロセッサーはオクタコアのQualcomm Snapdragon 625(2.0GHz)、メモリー3GB、ストレージ32GBを実装する。搭載OSは独自UI採用のAndroid 6.0だ。

プラボディーを卒業し、一体型のガラス製ボディーを採用。適度にラウンドのついたフレームは片手でも持ちやすい

 そのほか、カメラは800万画素のインカメラと最速0.03秒オートフォーカス対応の1600万画素メインカメラを搭載する。ネットワークは、Bluetooth 4.2、NFC、無線LANをサポート。通信規格は、LTEバンド1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41などに対応している。SIMスロットは、microSIM+nanoSIMのデュアルSIM仕様(nanoSIMはmicroSDと共用)だ。

超高速AF対応のカメラや指紋認証センサーを搭載。スペックもミドル級以上ながら、価格は4万円台前半とコスパに優れる

 イオシス各店における店頭価格は4万2800円。なお今回入荷したのは5.2型の小型版で、近く5.5型サイズで4GBメモリー搭載モデル(型番・仕様違いのZenFone 3)も入荷予定とのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン