このページの本文へ

2016年7月22日現在は、北米でのみ予約可能

Razer、OSVR対応のVRHMD「OSVR HDK2.0」の予約を開始

2016年07月25日 20時30分更新

文● poroLogue/MoguraVR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「OSVR HDK2.0」

 PC周辺機器・ゲーミングデバイスメーカーのRazerは、VRプラットフォーム「OSVR」に対応したVRヘッドマウントディスプレイ(以下、VRHMD)「OSVR HDK2.0」の予約受付を開始した。

 OSVRはオープンソース・バーチャルリアリティ(Open Soulrce Virtual Reality)の略称。これはRazer等が進めているオープンソースのVRプラットフォームであり、VR体験の際に必要となるハードウェアとソフトウェアを、参加しているサードパーティが自由にデザインすることが可能なVRシステムだ。OSVRへの参加組織は現在310以上とのこと。

 以前のHDK1.0シリーズは開発者向けとなっており、299.99ドル(日本円で約31,500円)で提供されていた。一方で、今回発表されたHDK2.0はコンシューマー向けをアピールしており、設定の簡略化などを図っている。また、解像度が両目合わせて2160×1200の有機ELパネルを2枚使用し、フレームレートも90fpsと、性能面ではOculus Rift製品版やHTC Viveなど、他のVRHMDに並ぶものとなっている。

 加えて、プレイヤーの位置をトラッキング出来る赤外線カメラも同梱され、HDK自体を改造することも可能。さらにシューティングゲーム『Descent: Underground』とレースゲーム『Radial G: Racing Revolved』の2つのコンテンツが同梱される。2016年7月22日現在では、予約は北米のみとなっており、値段は399ドル(日本円で42,000円)で発売される。

Descent: Underground
Radial G: Racing Revolved

■関連サイト

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!