このページの本文へ

ロボットアプリケーションの専用開発環境

シャープ、「ロボホンテストルーム」開設

2016年07月20日 18時02分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ロボホンテストルーム

 シャープは7月20日、モバイル型ロボット電話「ロボホン」専用アプリケーションの開発者支援施設「ロボホンテストルーム」を7月28日に開設すると発表した。

 ロボホンはOSにAndroidを採用しており、Googleの統合開発環境Android Studioに加え、6月よりシャープが提供している開発環境を利用することで、モーションを伴う音声対話やプロジェクターなどを利用するアプリが作成できる。

 テストルームはソフトウェア開発のルクレと共同で開設し、渋谷の東建インターナショナルビルにあるルクレ社内に開設される。テストルームにはロボホンがあるため、ロボホンが手元にない開発者でもアプリ検証作業が行なえるほか、ロボホン開発担当者が駐在するため相談することが可能。

 開設期間は7月28日~9月30日(土日祝日およびルクレ休業日は休館)、シャープ開発担当者の駐在は水曜日および木曜日(8月17日、18日を除く)。利用は無料だがシャープウェブサイトにて要予約。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン