このページの本文へ

HTC ViveのVR動作環境を満たしたVR開発向けPCなども販売予定

HTC ViveをLEVEL∞HUBなどユニットコム店舗で取り扱い開始、一部店舗でデモ体験も

2016年07月07日 19時58分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ユニットコムの一部店舗で、「HTC Vive」の取り扱いを開始した

 ユニットコムは7月7日、HTC CorporationとValveが共同開発したバーチャルリアリティーシステム(以下、VR)「HTC Vive」の取り扱いを、全国のパソコン工房、グッドウィル、BUYMORE、LEVEL∞HUBや、営業法人部で開始した。実売価格は10万7784円。

 HTC Viveは、2160×1200ドットと90FPSで描写されるヘッドセットに加え、触角と直観的なジェスチャーコントロールが可能な2つの専用コントローラー、空間における位置を追跡する2つのモーショントラッキングセンサーにより、座った状態だけでなく実際に空間を動きまわることができる。対応コンテンツは、今後Steamとの連動で多くのタイトルが対応する予定だという。

 販売開始にあわせて、LEVEL∞HUB、パソコン工房 大阪日本橋店、グッドウィル EDM 本店でHTC Viveのデモが体験できる。体験可能な店舗は、随時追加予定だ。なお、店舗でデモを体験する際は、スタッフに伝えてコントローラーを借りる必要がある。体験できるタイトルは「The Lab」のみで、今後タイトルは増やしていく予定だという。

秋葉原のLEVEL∞HUBでも体験できる

 また、今後HTC ViveのVR動作環境を満たしたVR開発向けパソコン、VRプレーパソコンも展開していく予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ