このページの本文へ

期待度マックスのVRヘッドセット「HTC Vive」のデモ用実機がアキバに登場!

2016年03月19日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本でももうすぐ発売が開始される、HTCのVRヘッドセット「HTC Vive」を一足先にアキバで体感しよう。G-Tune:Garageでは、3月25日(金)までの期間限定で実機のデモが行なわれているぞ。

数あるVRヘッドセットの中でも期待度の高い、HTC×Valveの「HTC Vive」のデモがアキバに登場。4月に迫った正式発売を前に、実際にデモプレイで体感できる

 HTC Viveは、HTCとValveが共同開発を行なったVRヘッドセット。Valveが手がけるVRプラットフォーム「Steam VR」に対応した製品で、“ルームスケール”(部屋サイズ)の空間を歩き回るVR体験が可能なデバイスだ。

 視野角は110度で90Hz駆動のディスプレーを備え、解像度は2160×1200ドット。「Oculus Rift」とは異なり、両手に持ってVR世界に干渉できるモーションコントローラーも標準で付属する。

 なお、HTC Viveは4月に正式発売を控えており、店内に用意されているのは最新の試作機「Vive Pre」。ほぼ製品版に近い最新モデルのため、実際の製品と同じ感覚で遊ぶことができる。

柔らかく装着感に優れたアイカップ部分。デモマシンには、HDMIとUSB、音声端子で接続されていた

製品に同梱されるモーションコントローラー。複数のボタンやトリガー、センサーが内蔵され、両手で持って操作する

 店頭では、VRに対応した「乖離性ミリオンアーサーVR」のデモを実施中。キャラを選択してミリオンアーサーの世界にダイブし、敵のキマイラと戦闘を行なうといった内容だ。

 平日は1セット、土日祝日は2セットのデモ環境を店内に設置する。同店スタッフによれば「平日でも40人以上の人が並ぶ」と、すでにかなり人気のデモになっている。

 デモは1人につき約10分(1回のデモシーンが約10分)で、参加は無料。連休にアキバに足を運んだ際は、ぜひ新しいVRデバイスを体感してみよう。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン