このページの本文へ

添付ファイルは開かないように注意呼びかけ

マルウェア感染の危険性あり、三井住友銀行かたる不審メールに注意

2016年07月06日 19時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
不審なメールのサンプル

 三井住友銀行は公式サイト上で、「お取引受付完了を装った不審なメールが不特定多数のユーザーに発信されている」として注意を喚起している。

 同行によれば、メールにはZIPファイルが添付されているとのこと。「ファイルを開くとコンピューターウィルスに感染するものと想定される」と説明している。

 不審なメールは実際の取引の有無にかかわらず広く発信されており、「心当たりのない場合はメールを開かずに削除し、また万が一開封しても添付ファイルは絶対に開かないようお願いいたします」とアナウンスしている。

 あわせて、万一添付ファイルを開いてしまった場合は、取引支店またはフリーダイヤルまで連絡するよう呼びかけている。

利用停止登録・お問い合わせ先フリーダイヤル

0120-56-3143(通話料無料)
※9:00~21:00(1月1日~3日と5月3日~5日を除く)

海外からの通話など、フリーダイヤルを利用できない場合(通話料有料)
東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ