このページの本文へ

ハッセルブラッドの世界初中判ミラーレス一眼は約110万円! 9月発売

2016年07月01日 19時59分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「X1D」
「X1D」

 ハッセルブラッド・ジャパンは7月1日、世界初のミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の発表会を都内で開催した。ボディーの予想実売価格は110万円前後。7月6日から予約を受け付け、発売は9月初旬の予定。

手に持ったところ。片手でも軽々持てる 手に持ったところ。片手でも軽々持てる
上面。中央にアクセサリーシューがあるが、かなりシンプル
上面。中央にアクセサリーシューがあるが、かなりシンプル
左がX1D、右はソニーのフルサイズ一眼「α7」。撮像素子のサイズ 差がスゴイ
左がX1D、右はソニーのフルサイズ一眼「α7」。撮像素子のサイズ 差がスゴイ

 撮像素子に32.9×43.8mm、5000万画素のCMOSセンサーを搭載しながら、本体サイズは幅150.4×奥行き71.4×高さ98.1mm、重量725g(バッテリー込み)という小型・軽量ボディーを実現した。

モードダイヤルは押し込むとロックがかかり、回せなくなる
本体背面。タッチパネルになっており、アイコンメニューをタッチすることで操作可能

 感度設定はISO 100~25600まで設定可能。背面には3型のタッチパネルディスプレー(92万画素)を搭載し、機能アイコンが並ぶメニューを採用。スマホのような操作感で設定が行なえる。

側面にSDメモリーカードスロットをデュアルで搭載 下方にはHDMIなどのインターフェースが並ぶ
側面にSDメモリーカードスロットをデュアルで搭載下方にはHDMIなどのインターフェースが並ぶ
本体底部にバッテリーを搭載 本体底部にバッテリーを搭載。フタがないが2段階のロック機能が備わる

 記録媒体はSDメモリーカード×2スロットで、フルHD(25fps)の動画撮影に対応。無線LANによる通信機能も内蔵する。

マウントアダプターを介することでHシリーズのレンズも装着可能 マウントアダプターを介することでHシリーズのレンズも装着可能

 レンズマウントは新しいものを採用し、直接装着するには「XCD」レンズが必要。ただし、従来の「H」システムのレンズも、マウントアダプターを介することで装着できる。マウントアダプターは9月に発売予定だ。

 XCDレンズは45mmと90mmを用意。税別希望小売価格は前者が24万8000円、後者が同29万8000円となる。

 同社(の本社)はスウェーデンの老舗カメラメーカー。今回の製品はほかのカメラメーカーとの協業ではなく、すべてスウェーデンで 生産しているとのこと。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン