このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII 夏のベストセレクション2016第2回

ライター高橋量がオススメする鉄板のWi-Fiルーター

夏ボこそ「Aterm WG2600HP」が狙い目!! 高機能Wi-Fiルーターで超快適ネットを目指すのだ!

2016年07月08日 11時00分更新

文● 高橋量、編集●Atermマニアックス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 夏のボーナス商戦真っ盛り! ということで、新しいデバイスの購入を検討している方は多いだろう。新モデルのPCやスマートフォン、タブレットなど、目移りするほど魅力的な製品が多数あり、どれを買うべきかウキウキしながら頭を悩ませているはずだ。

 しかし、ちょっと待っていただきたい。確かに最新技術を搭載した新しいPCやスマートフォン、タブレットは処理がサクサクなはずだが、自宅ネットワークに不可欠な“インフラ”といえるWi-Fi環境はどうだろうか。古いWi-Fiルーターを使っているとネット環境が想定外のボトルネックとなり、せっかくの新モデルでも十分なパフォーマンスを得られない可能性がある。最新のデバイスを入手するタイミングだからこそ、最強のWi-Fiルーターが必要となるのだ。

11ac利用時の最大速度は、なんと有線LAN超えの1733Mbps
「Aterm」ブランドの最上位モデル「Aterm WG2600HP」

 そこでオススメしたいのが、NECプラットフォームズのWi-Fiルーター「Aterm WG2600HP」だ。Wi-Fi規格はIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応で、11ac利用時の最大通信速度は1733Mbps(理論値)。有線LANの最大1000Mbpsをはるかにしのぐ圧倒的なスピードを実現している。しかも、通信機器の老舗「Aterm」ブランドの主力製品だけあって完成度や安心感が高く、その点でも非常にオススメしやすい。

NECプラットフォームズの「Aterm WG2600HP」。最大通信速度はナント1733Mbps!

 1733Mbpsという速度はあくまでも理論上の最大値であるため、実際にこの速度が出るわけではない。しかしそうはいっても、スペックが高いほど実際のパフォーマンスに優れるのは紛れもない事実だ。さらに「Aterm WG2600HP」では、「ビームフォーミング」や「MU-MIMO」といった技術もサポートすることで、一段と高速かつ安定した通信を可能としている。

 今回はこの「Aterm WG2600HP」について、実際にどれくらいのパフォーマンスを得られるのか検証したので、その結果をお届けする。

「Aterm WG2600HP」の主なスペック
無線規格(最大通信速度) 5GH帯:11ac(1733Mbps)/11n(800Mbps)/11a(54Mbps)、2.4GHz帯:11n(800Mbps)/11g(54Mbps)/11b(11Mbps)
アンテナ数 4×4(5GHz帯&2.4GHz帯))
有線規格(最大通信速度) 1000BASE-T(1000Mbps)/100BASE-TX(100Mbps)
WANインターフェース 1000BASE-T/100BASE-TX
LANインターフェース 1000BASE-T/100BASE-TX×4
USBインターフェース USB3.0(USBバスパワー対応)
機能 MU-MIMO、ビームフォーミング、TVモード、こども安心ネットタイマー、ECOモードなど
簡単接続機能 らくらくネットスタートLite、らくらく無線スタート/WPS対応、らくらくQRスタート2、らくらく「かざして」スタート
セキュリティー SSID、WPA-PSK(AES)、WPA2-PSK(AES)、MACアドレスフィルタリング
サイズ 幅38×奥行き130×高さ181mm
重量 約600g

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン