このページの本文へ

Xbox Oneとの連携強化、Microsoft Edgeの消費電力節約機能の強化も

Windows 10の次期メジャーアップデートは8月2日、Cortana強化やWindows Inkなど

2016年06月30日 13時11分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Windows 10 Anniversary Update」が8月2日に提供開始

 日本マイクロソフトは6月30日、Windows 10向け無償アップデートとして「Windows 10 Anniversary Update」を8月2日に提供開始すると発表した。

 Windows 10 Anniversary Updateでは、Windows HelloとWindows Defenderに新しい機能を追加。Windows Helloは、ユーザーがエンタープライズ向けと同等のセキュリティーでパスワードを使用せずにアプリにサインインできるほか、Microsoft Edgeを使った生体認証で対応ウェブサイトにアクセス可能になった。Windows Defenderでは、パソコンを定期的にスキャンするオプションと、スキャン完了時に脅威が発見された場合に、通知とサマリーを通知するようになった。

Windows Ink

 また、デジタイザーを使用して付箋紙にフリーハンドでメモを取ったり、真っ白なスケッチパッドに図やイラストを書き込める「Windows Ink」(関連記事)を追加した。Microsoft Edgeの消費電力節約機能の強化、拡張機能、ユーザー補助の強化も実施。Cortanaの機能も強化される。

 そのほか、Xbox Play Anywhereにより、一度ゲームを購入すれば、Windows 10搭載パソコンとXbox Oneの両方でプレーできるようになった。加えて、ゲームの進捗、セーブ、実績も共有できるようになる。CortanaもXbox One上で利用可能になり、「Hey Cortana,Xbox One」というだけで電源を入れられるようになる。

 なお、Windows 7/8からWindows 10への無償アップグレードは、7月29日に終了する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン