このページの本文へ

光学手ブレ補正で動画が超スムーズ! ソニーの4Kアクションカム新モデル

2016年06月20日 10時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4Kアクションカム「FDR-X3000」
4Kアクションカム「FDR-X3000」

 ソニーは6月20日、アクションカムの新機種「FDR-X3000」(予想実売価格 5万4000円前後)「HDR-AS300」(同4万3000円前後)いずれも6月24日発売予定。

手前がフルHDモデルの「HDR-AS300」 それぞれにモニター付きリモコンとのセットモデルを用意
手前がフルHDモデルの「HDR-AS300」それぞれにモニター付きリモコンとのセットモデルを用意

 X3000は4Kモデルで、AS300はハイビジョンモデル。各々にリストバンド型モニターが付属するモデルも用意する(プラス1万5000円程度)。

空間光学手ブレ補正を搭載 空間光学手ブレ補正を搭載

 全モデルに共通する最大の特徴は、従来ハンディカムの上位機種に搭載されていた空間光学手ブレ補正を小型化し、内蔵した点。空間光学手ブレ補正は、レンズ群と撮像素子を1つのユニットとして独立させることで、強力にブレを補正する効果が得られる。

 一番前方のレンズは固定となるなど、さすがにハンディカム同等とはいかないが、自転車の振動程度ならほとんどを吸収してブレのないスムーズな映像の撮影が可能だ。

X3000の動画撮影設定(写真はリモコンの画面)。4K30p、100Mまでの設定が可能
タイムラプス撮影も可能。写真は撮影間隔選択画面
手ブレ補正の強度も選択できる 画角の選択画面
手ブレ補正の強度も選択できる画角の選択画面

 また、従来機は電子式の手ブレ補正を採用していたため、4K解像度撮影やハイスピード撮影、画角の変更などは非対応だった。しかし、光学手ブレ補正となったことで、補正処理が必要となくなり、これらの制約がなくなった。

 画角はワイド(17mm)/ミディアム(23mm)/ナノ(32mm)の3段階で切り替えられるほか、最大3倍のデジタルズームも新たに利用可能となった。

レンズには「ZEISS テッサー」(F2.8)を採用 レンズには「ZEISS テッサー」(F2.8)を採用

 撮像素子には1/2.5型のExmor R(有効818万画素)を採用し、画素加算なしの全画素読み出しが可能になったほか、レンズも新しいものを採用。周辺部の湾曲を半減させている。

同梱されるハウジング 同梱されるハウジング
底面には三脚穴を搭載 背面にはHDMI端子や音声入力端子などがある
底面には三脚穴を搭載背面にはHDMI端子や音声入力端子などがある

 本体は防滴仕様で、水深60mまでの撮影に耐えられるハウジングが同梱される。また、三脚穴が本体に搭載されており、アダプターを付ける必要はない。

 どちらも本体サイズは幅29.4×奥行き83×高さ47mm、重量は約84g。

同時発売となる新オプション「フィンガークリップ」。片手での撮影を可能とする。税抜希望小売価格は3000円 同時発売となる新オプション「フィンガークリップ」。片手での撮影を可能とする。税抜希望小売価格は3000円
 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン