このページの本文へ

暗号化されてしまった場合の「ファイル自動復旧機能」を追加

トレンド、企業向けセキュリティでランサムウェア対策の新機能

2016年06月20日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トレンドマイクロは6月16日、企業向けセキュリティ製品/サービスにおけるランサムウェア対策機能の強化を発表した。ファイルが暗号化されてしまった場合に、バックアップからファイルを自動復旧する新機能を、6月18日より順次搭載していく。

 対象となるのは、企業向け総合セキュリティソフトの「ウイルスバスター コーポレートエディション」と、クラウド型エンドポイントセキュリティサービスの「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」。なお「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ」では、すでにランサムウェア対策機能を提供している。

 これまで同製品/サービスにおけるランサムウェア対策は、他のマルウェアと同様にパターンマッチングと不審な挙動を監視するものだった。今回は新たに、ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった場合にも、バックアップファイルから自動的にファイルを復旧する機能を追加する。

 トレンドマイクロによると、このバックアップファイルはランサムウェアに暗号化されないよう、アクセス制限がかかったフォルダに保存される。また、バックアップファイルを自動的に差し替えるため、ユーザーの手作業による復旧の手間も省くとしている。ただし、すべてのランサムウェアへの対応を保証するものではない。

 なお企業向け各製品/サービスにおいては、5月より順次、ランサムウェアの検出状況を管理画面でレポートする機能も追加されている。

トレンドマイクロの企業向け各製品におけるランサムウェア対策機能強化の概要

管理画面のランサムウェア検出状況表示イメージ(画面はウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス)

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!