このページの本文へ

iPhoneと合体するスリムなUSB3.0メモリーがSanDiskから発売!

2016年06月17日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPadに手軽にストレージを追加できる、Lightning接続のUSBメモリー「iXPAND Flash Drive」がSanDiskから発売。テクノハウス東映にて16GB~128GBの4モデルが入荷している。

SanDiskから、従来よりグッと小さくなったLightning&USBのデュアルコネクター搭載メモリーが登場。SanDiskパッケージでは初登場となる製品だ

 iPhoneやiPadなどのiOSデバイスのバックアップを取ったり、PCと手軽にデータをやり取りできるデュアルコネクター搭載のUSBメモリー。最大128GBのストレージ容量がワンアクションで追加、空き容量をすぐに確保することができる。

 Lightningコネクターを持ち上げてiOSデバイスに直接接続する仕様。使用中はUSBコネクターが端末裏に沿うように隠れるため、邪魔にならない。データのやり取りには専用アプリ「Xpand Drive」を使用、接続時に自動で新しいファイルのみバックアップするように設定することもできる。

デバイスと接続する際は、USB側は邪魔にならないように端末裏に隠れる仕様。容量は最大128GBで、もちろんアップルのMFi認証も取得している

 USB側のインターフェースはUSB3.0で、対応OSはWindows Vista以降。iOSデバイスは、iOS 8.2以降に対応する。

 それぞれの価格は、16GBが4580円、32GBが6180円、64GBが8800円、128GBが1万2800円となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン