このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

そろそろWindows 10を入れるかどうか、腹を決めよう!第2回

遅くなったりする? Windows 10にアップグレードしたら困りそうなこと

2016年06月15日 10時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 前回、Windows 10へのアップグレードについて解説したが、そもそもアップグレード後が不安、というユーザーも多い。普段使っているアプリや周辺機器が使えなくなったり、動作が重くなったりするのではないか、という不安だ。

 そこで今回は、なぜWindows 10にアップグレードした方がいいのか、アップグレードして困ることはないのか、困ったらどうすればいいのか、嫌になったら戻せるのか、といったギモンに回答しよう。

Q1:そもそもどんな新機能があるの? アップデートする価値あるの?
A1:UIやストアーの使い勝手が向上。ブラウザーも新しくなり、生体認証機能も搭載

Windows 8.1でなくなったスタートメニューが復活。タイルは融合し、さらに使いやすくなった
Windows 8.1でなくなったスタートメニューが復活。タイルは融合し、さらに使いやすくなった

 Windows 10のユーザーインターフェースは使いやすくなった、という声が多い。Windows 8/8.1のユーザーインターフェースが使いにくいと感じているなら移行する価値あり。

 スタート画面が廃止され、スタートメニューが復活。各種機能も大きくブラッシュアップされている。Windows 7はオールドスタイルで使いやすかったが、Windows 10はさらに進化している。ユーザーインターフェースについては後述する。

Windowsストアから、アプリやゲーム、映画などをダウンロードできる
Windowsストアから、アプリやゲーム、映画などをダウンロードできる

 Windows 10の大きな特徴の一つが、Windowsストア。iOSのApp Store、AndroidのGoogle Playと同じような仕組みで、アプリを有料・無料でダウンロードできる。

 ユーザーはアプリやゲーム、音楽、映画、テレビなどのコンテンツをあちこち探し回らずに入手できるのがメリット。基本的に、悪意のあるプログラムは登録できないようになっているので、デジタルに詳しくない人でも安心して利用できる。今はまだそれほど盛り上がっていないが、近いうちにラインナップが充実してくるはずだ。

音声で検索したり操作したりできる「コルタナ」 音声で検索したり操作したりできる「コルタナ」

 鳴り物入りで登場したのは、音声認識アシスタント機能の「コルタナ」。音声で問いかけて、いろいろなリアクションを返してくれる機能だ。

 iOSの「Siri」のような、と言えばわかるだろう。各種アプリやクラウドと連携し、アラームをかけたり、予定を教えてくれたり、おみくじを引いたりできる。

 今はそれほど普及していないかもしれないが、音声認識での操作は今後普及していくと予測されている。

IEに代わり、Edgeが標準ブラウザーになった
IEに代わり、Edgeが標準ブラウザーになった

 そのほかにも多数の新機能・新アプリを搭載している。標準のウェブブラウザーが旧態依然の「Internet Explorer」から「Edge」に変更。さらに初めて仮想デスクトップ機能を搭載。タブレット端末専用の動作モードも選べるようになった。

 まだ普及していないが、生体認証機能の「Windows Hello」も注目されている。

スマホ用のWindows 10 Mobileもリリースされている スマホ用のWindows 10 Mobileもリリースされている

 スマートフォン用に、Windows 10 Mobileも同時にリリースされており、一つのアプリをPCとスマホで利用する仕組みも広がりはじめている。

 アップグレードする価値は大あり。一部の環境で問題が起きる可能性はあるものの、いつかはどうせすべてWindows 10になる。早めに手に入れることをオススメする。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン