このページの本文へ

防塵防滴仕様で野鳥などアウトドア撮影にも

富士フイルムXシリーズで超望遠撮影ができるテレコンバーター

2016年05月19日 19時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フジノン テレコンバーター XF2X TC WR

 富士フイルムは5月19日、ミラーレスデジカメ「Xシリーズ」で超望遠撮影を可能とするテレコンバーター「フジノン テレコンバーター XF2X TC WR」を発表。6月16日に発売する。

 カメラボディーと主レンズ(交換レンズ)の間に装着することで焦点距離を2倍に拡大するテレコンバーター。5群9枚構成のレンズで、焦点距離2倍になる代わりに明るさは2段分暗くなる。主レンズの手ぶれ補正がそのまま利用できるほか、防塵・防滴・-10度の耐低温構造を持つため、野鳥撮影などアウトドア用途に利用しやすい。

 サイズは直径58×長さ30.2mm。「FUJIFILM X-Pro2/X-T1」などで使用でき、テレコンバーターの性能を発揮するためにはファームウェアのアップデートが推奨される(6月中旬公開予定)。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン