このページの本文へ

NVIDIA「Quadro M2000」

Maxwellベースのシリーズ廉価版「Quadro M2000」が登場

2016年05月06日 21時53分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ELSAから、Quadro M2000を搭載したビデオカード「NVIDIA Quadro M2000」(型番:EQM2000-4GER)が発売された。第2世代MaxwellアーキテクチャベースでQuadroシリーズ下位モデルの製品だ。

Quadro M2000を搭載したビデオカード「NVIDIA Quadro M2000」がELSAから発売

 「QUADRO M2000」は、CUDAコアプロセッサー数768基、メモリーバス幅128bit、メモリーバンド幅106GB/secのプロフェッショナル向けGPU。全長167mmの基板サイズと1スロット幅に収まる薄型のアクティブファンシンク冷却機構を採用する。

MaxwellアーキテクチャーベースのQuadroシリーズとしては一番の廉価版となる「NVIDIA Quadro M2000」

 主なスペックは、ビデオメモリーがGDDR5 4GB、出力インターフェースはDisplayPort1.2×4。最大4画面の同時出力や、複数画面を1つの巨大デスクトップ画面として扱う「NVIDIA Mosaic」、2系統のDisplayPortによる5K解像度表示などに対応する。

 価格は6万5800円。パソコンショップアークやBUY MORE秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中