このページの本文へ

スマホだけでPDF化、OCRして翻訳などの機能も充実

重量100g、ポケットに入る超小型ハンディスキャナー「BeeScan」

2016年04月28日 13時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BeeScan

 NEXXは4月27日、ポケットに入るサイズでAndroid/iOSデバイスと連携するワイヤレスハンディスキャナー「BeeScan」を発売した。

 全長10cmという小型ボディーに400dpiのスキャナーを内蔵し、原稿をなぞるように動かせばBluetooth接続したスマホに最大B4までの原稿を取り込める。

ポケットに入る超小型ボディー。USB端子(充電専用)から内蔵電池を充電して使用する 

 スマホアプリではスキャン原稿を各種画像補正やPDF化のほか、70言語に対応するOCR機能を利用できる(パソコン版アプリでは199言語にも対応)。DropboxやGoogleDriveなどへのアップロード機能も備えている。

 本体デザインは幅101×高さ29×奥行き54mm、重量は100g。価格は2万304円、発売記念キャンペーンとして5月末まで1万8144円で販売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン