このページの本文へ

導電性インクの有効活用

世界初!! 「タッチ操作ができる段ボールVR」がついに市販

2016年04月26日 18時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MilboxTouch(みるボックスタッチ)

 MilboxTouch(みるボックスタッチ)は明治大学の研究成果であるExtensionSticker技術を応用し、 WHITEと明治大学が共同で開発した商品。いわゆる段ボールのVRゴーグルだが、導電性インクで配線を印刷している。

 配線の端はスマホの画面に接していて、ゴーグル側面の配線露出部分を手で触れば画面端をタッチしたのと同様となり、アプリ側では端の部分のコントローラー機能を集中させる。

側面の円形部上で指でぐるぐる回せばスクロールなどの操作が可能

 従来のスマホ装着型VRゴーグルでは画面のタッチができないため頭を振って操作するか、コントローラーを別途用意する必要がある(段ボールVRの低価格な利点がなくなってしまう)ことから、スマートな解決策と言える。サイズは約幅150×高さ85×奥行き108mm、対応するスマホサイズは幅76×高さ150×厚み10.6mm。Amazonで販売開始し、価格は2700円。

 対応アプリとして「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」が販売される。Android用(iOS版は近日予定)で、価格は300円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン