このページの本文へ

QNAP「HS-251+」

クアッドコアCeleron採用のスリムNASキットがQNAPから

2016年01月26日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 QNAP製のNASキット「HS-251+」がオリオスペックで販売中だ。既存モデル「HS-251」の後継モデルで、ネットワークオーディオ機器との相性もいいファンレスモデルとなる。

QNAP製のNASキット「HS-251+」。搭載CPUがクアッドコアCeleron(2GHz/tb時2.42GHz)に強化された

 「HS-251+」は、スリム筐体を採用するファンレス仕様のNASキット。本体サイズは41.3(W)×302(D)×220(H)mm、2.5/3.5インチサイズのSerial ATA対応SSD/HDDを2台まで搭載可能だ。従来モデルからの変更点は、搭載CPUがデュアルコアCeleronからクアッドコアCeleron(2GHz/tb時2.42GHz)に、メモリーがDDR3L 2GBになったところなど。

 インターフェースは、ギガビットLAN×2、USB 3.0×2、USB 2.0×2で、HDMI出力端子も備えるのでメディアプレイヤーとして使用することもできる。

 価格はオリオスペックで7万9800円。ほかにHDD/SSDを標準搭載したモデルも受注受付(納期は1~3営業日)している。

スリム筐体を採用するファンレス仕様のNASキット。アンプなどのオーディオ機器ともマッチするデザイン

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中