このページの本文へ

カメラ上下動を抑える新スタビライザー・アイテムも追加

DJI、マイクロフォーサーズ対応の手持ち式カメラスタビライザー「Osmo RAW」

2016年04月19日 09時00分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Osmo RAW

 DJI JAPANは4月17日、マイクロフォーサーズ対応カメラを用いた手持ち式映像安定化装置「Osmo RAW」を発表した。

 Osmoは加速度センサーと3軸ジンバルを用いてハンドルの傾きに関わらずカメラを一定方向に向けて安定化するスタビライザー。既存モデルは空撮ドローンにも用いているカメラ「Zenmuse X3」を搭載していたが、新モデルOsmo RAWはマイクロフォーサーズ対応の「Zenmuse X5R」を搭載する。Zenmuse X5Rは同社の空撮機「Inspire 1 PRO/RAW」にも搭載されているカメラシステムで、マイクロフォーサーズ対応の交換レンズが利用でき、4K Ultra HD動画(3840×2160/最大30fps)や1080P(1920×1080/最大60fps)の撮影が可能。

Z-Axisを装着したOsmo

 また、従来のZenmuse X3ベースのOsmo用として、新たに「Z-Axis」と呼ばれるアクセサリーも追加された。これはハンドルとジンバルの間に装着するもので、カメラの傾きだけでなく上下動を吸収する働きがあり、さらに安定した映像撮影が可能となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン