このページの本文へ

1.3万円で4K撮影&無線LAN対応! 格安アクションカメラのブラックモデル

2016年04月16日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4K動画の撮影やスマートフォン連携の無線LAN機能を搭載した、中国SOOCOOの格安アクションカメラ「C30」のブラックモデルが東映無線ラジオデパート店に入荷。価格は1万3480円だ。

先月に発売された、格安高性能なSOOCOO製アクションカメラ「C30」のブラックモデルが販売中だ

 1万円台前半と安価なアクションカメラのカラーバリエーションモデル。4K解像度での動画撮影に対応するほか、スマートフォンから操作・モニタリングできる無線LAN機能を搭載。付属ハウジングの使用で30m防水にも対応するという、コストパフォーマンスの高さが魅力だ。

 動画は、2880×2160(24fps)、2560×1440(30fps)、1920×1080(60fps)、1280×720(120fps)で撮影でき、静止画解像度は最大2000万画素。レンズアングルは70~170度で、リアに2型サイズのディスプレーを搭載する。また、ジャイロスタビライザーを内蔵し、撮影時の安定性を高めている。

4K撮影やスマホと連携可能な無線LAN機能を備えた製品。リアには2型サイズのディスプレーを標準装備するほか、付属ハウジングの使用で30m防水にも対応する

 録画メディアは、最大64GBのmicroSDXC(Class10以上)に対応。ネットワークはIEEE 802.11b/g/nの無線LANをサポートしている。ただしショップでは「各種ソフトと通信機能については保証対象外」としているため、注意が必要だ。

 なお、バッテリー容量は1050mAhで、連続撮影時間は最大90分、高解像度時は45分程度とされる。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン