このページの本文へ

ヘッドセットで脳波を測定、運転感覚をマンガ風擬音として車両周囲に投映

ギュィーン ドギャギャギャ! 日産が『脳内擬音を路面に投映するリーフ』を開発

2016年04月15日 20時30分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日産自動車は4月13日、運転感覚を映し出す「日産リーフ」を制作したと発表した。

 EVである同社「日産リーフ」発売5周年を記念し、EVならではの加速感、ハンドリングの良さをドライバーだけでなく周囲の人にも分かってもらおうというもの。脳波測定用ヘッドセットを装着し、運転感覚を表現した33パターンのドライビング感覚をマンガの擬音として車両周囲に投映。車両本体もマンガの擬音を模したイラストで飾られている。

車体デザイン(左)、脳波結果を路面に映し出しながら走行する様子(右)

 実車は4月29日より、横浜の日産グローバル本社ギャラリーより展示される(5月中旬まで)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン