このページの本文へ

空気を汚さない電気自動車e-NV200をベースに調理や生ごみ処理機を搭載

日産、クラウドファンディングで「スマート バーベキューカー」の出資募集

2015年02月27日 17時23分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
、「究極のスマートバーベキューカ―」プロジェクト

 日産自動車は2月27日、電気自動車「e-NV200」をベースとした「究極のスマートバーベキューカー」プロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングにて資金募集を開始した。

究極のスマートバーベキューカー(イメージ) 

 EVのさらなる認知・普及のために放送作家の鈴木おさむ氏が企画協力したもの。EVならではの空気を汚さないで給電できる機能を活かし、スイッチ1つですぐにバーベキューを始められる電気グリル、冷蔵庫、シンク付きキッチン、調理道具、生ゴミ処理機を搭載する。

構想段階の究極のBBQカー ラフ画

 クラウドファンディングで集まった資金によって、バーベキューの機能に加えてカメラ搭載自撮りドローンの追加、超音波とアロマの効果で野外でも蚊を寄せつけない蚊バリア、ドライミストで周囲の気温下げるミストシャワーなど計5つの機能追加を目指している。

 資金募集は5000円より(日本BBQ協会のBBQのタレなどが提供される)、2500万円で世界にたった1台となる究極のスマートバーベキューカーのオーナーになれる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン