このページの本文へ

イオンドットコム、CTCのチャットアプリ「tocaro」導入

2016年04月14日 08時29分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ロゴ イオングループのデジタル事業を展開するイオンドットコム(株)はこのほど、伊藤忠テクノソリューションズ(株)(CTC)が提供するチャットやファイル・タスクを共有化するビジネスコミュニケーションサービス「tocaro」を導入した。

 同サービスは、WEBやスマートフォンアプリから、複数人でのグループチャットや1対1でのチャットをリアルタイムで行うビジネス向けクラウドサービス。簡単な打ち合わせはオフィスを移動せずにグループチャットで実施できる。

 イオンドットコムは、幕張オフィス(本社機能・デジタル事業の運用機能)と渋谷オフィス(新規開発の部署)の部署間の効率化を図るため、チャットアプリケーションを導入した。また、プロジェクトごとのメーリングリストの設定や管理、スマートフォンやタブレットでのファイル共有、送信ミスに伴うセキュリティのリスクの改善なども見込んでいる。

 同サービスの導入後は、従来不足していた会議室の利用を効率化。社内メールの代替となり、約4割の社内メールの削減を実現した。イオンドットコムでは、5月から全社での利用を予定している。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く