このページの本文へ

最大10倍ズーム、オートフォーカスも

ツァイス×ビーム技術で死角ナシ ロジクール新型ビデオ会議システム

2016年04月14日 16時50分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ビデオ会議システム「CC3500e」

 ロジクールは4月14日、小規模会議室向けのビデオ会議システム「CC3500e」を発表した。同日から法人向けに販売を開始している。価格はオープンプライス。

 カメラはカールツァイス製光学レンズと、300万画素の画像センサーを内蔵。リモコン操作で最大10倍のデジタルズームや水平260度/垂直130度までのパン・チルトが可能で、オートフォーカス機能も備えている。H.264エンコーダーを内蔵し、1080p/30fpsのフルHD画質でビデオ会議できる。

カメラはカールツァイス製光学レンズを採用
10倍ズームとオートフォーカスのデモを披露。奥の模型を鮮明に映し出していた
ズーム・パン・チルト操作可能なリモコン。カメラ位置のプリセット設定も可能だ

 4基の無指向性マイクを内蔵し、周囲最大6m(10人までの会議)の音を集音する。別売の拡張マイクを使用すれば、周囲最大8.5mまで収音範囲が広がり20人までの会議に対応できるとしている。

 発声者の位置を特定する新技術「ビームフォーミング」を搭載しているのが特徴で、発声者以外の音声を3dB下げることで通話品質が向上するという。雑音を排除する「エコー&ノイズキャンセリング機能」もあるほか、内蔵マイクとスピーカーをそれぞれ独立させハウリングの発生を抑えられるようにした。

 Bluetooth接続とプラグアンドプレイのUSB接続に対応。対応端末をかざすとペアリングできるNFC機能も搭載している。SkypeやWindows Live メッセンジャー、MacのFaceTimeなどで簡単に使用できるという。

スピーカーとマイクを内蔵する
拡張マイク(別売)

 Logitech ビデオコラボレーション・グループ マーケティング責任者 ジョアン・ヴァンダーメイト氏は、「10~20名の小規模会議室が近年増加傾向にあるが、従来のビデオ会議システムは『PC内蔵型』または『大会議室用』のどちらかしかない」と説明。CC3500eは、その2つのギャップを埋める製品であり「あらゆる場所をビデオ協業の場に変えられる、新しいカテゴリーの製品である」と語っていた。

Logitech ジョアン・ヴァンダーメイト氏
ビデオ会議システムのラインアップ一覧。カメラの単体販売も行なっている
ビデオ会議システムの出荷台数において、Logitechは世界第2位。成長率をもとに計算すると、2016年末までには第1位となる見込みであるという

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ