このページの本文へ

独自UI活かしニュースも見やすく

dTVがニュース映像配信をスタート、フジテレビと提携で

2016年04月04日 19時20分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
dTVが「ニュース」ジャンルを追加

 エイベックス通信放送は4月4日、映像配信サービス「dTV」でニュース映像の配信を開始したと発表した。

 政治・経済・社会・国際問題など1分間ほどのニュース映像を、毎日およそ40本配信する。これはフジテレビのニュースメディア「ホウドウキョク」と事業提携し、提供を受けたもの。

 dTVのiOS/Androidアプリが採用するインターフェース「ザッピングUI」を活かした仕様としているのが特徴で、ジャンルを「ニュース」に合わせると、画面一番上のニュースの見出しがモーションタイポグラフィー(アニメーション化した文字)で自動再生される。

 ニュースジャンルの対応端末はスマートフォン、タブレット、テレビ(PCは非対応)。dTVは月額540円で全17ジャンル約12万作品を視聴できるサービスで、3月には会員数500万人を突破した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン