このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ただしデメリットも多い

SNSで突然始まる動画がウザいならChromecast Audioが便利

2016年04月03日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「どこにメリットがあるのかよくわからないのでお願いします」

 と、1ヵ月半ほど前に編集部から「Chromecast Audio」が送られてきました。Googleの超小型ネットワーク・オーディオ・プレイヤーで、無線LANにつないで、設定用アプリ「Chromecast」をインストールしたスマホで操作します。アナログ出力をパワードスピーカーやオーディオアンプに接続して鳴らします。

 米国では2015年9月末より35ドルで売られており、日本は2016年2月18日より発売開始。価格は4980円で、機能を考えるとお買い得感なのですが「でも、それってBluetoothスピーカーじゃダメなんですか?」と言われがち。

「お気に入りの音楽をキャストしよう」と書かれたパッケージ。Chromecast Audioで鳴らすことを「キャストする」と言うそうです
ビニールレコードを模した黒い円盤状のものが本体。アナログ音声出力は3.5mmステレオミニ端子で、96kHz/24bitまでのハイレゾ音源に対応。同端子を利用した光デジタル出力も可能です。USBタイプの電源アダプター(本体側はmicroUSB)と、スピーカー接続用の短いステレオミニプラグのケーブルが付属しています

 実際使ってみるとメリットは確実にあるのですが、無線でつないでスピーカーから音が出るという見た目がBluetoothと同じなので、いまいち良さが伝わりにくいわけです。

 一方、姉妹品に、テレビ向けの「Chromecast」があり、これはメリットが見た目でわかりやすい。テレビのHDMI端子につなぐと、YouTubeやNetflixなど、さまざまな動画サービスがドカーンと大画面で観られるわけなので。価格も同じ4980円。費用対効果もわかりやすい。

 そのChromecastから画像出力を省略し、音声出力に特化したのがChromecast Audioというわけですが、天才集団のGoogle様もそのメリットをうまく示す一文が思いつかなかったのか、製品ページの冒頭には、こんな風に大きく書かれています。

 「大きな音で楽しもう」

 ううむ。そうなってしまう理由はわかるものの、やっぱり「Bluetoothスピーカーでいいんじゃないの?」と言われても仕方ないなあと。大きくなるからうれしいみたいな訴求の仕方は、やっぱ違うよなあと。テレビじゃないんだから。

 しかし、私はBluetoothスピーカーのオーディオインに、わざわざChromecast Audioをつないで使っています。つまり、Bluetoothより便利なところは確実にあるのです。

 じゃあ、Chromecast AudioはBluetoothスピーカーとなにが違って、どう良いのでしょうか。

JAWBONEのMINI JAMBOXに接続して使っています

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン