このページの本文へ

ヤマト運輸、「宅急便コンパクト」の「着払い」開始

文●通販通信

2016年03月28日 00時57分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image ヤマト運輸(株)は4月1日、小さい荷物の配送に適した対面配達サービス「宅急便コンパクト」で「着払い」を開始する。

 「着払い」は、宅急便コンパクトの運賃を受取人の負担で利用できるサービスで、4月1日発送分から開始する。料金は594円~1188円(税込)。直営店や取扱店への持ち込みで100円引きとなる。専用ボックスの料金65円(税込)は、依頼主か受取人負担の選択が可能。

 「宅急便コンパクト」は15年4月に発売を開始。通販事業者を中心に利用を拡大してきたが、通販事業者や通販ユーザー、メーカーから、商品の「返品」や修理品の「回収」の際に「着払い」で配送したいという要望が高まっていた。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く