このページの本文へ

Gozal、特定商取引法表記の「自動生成ツール」開発

2016年02月26日 01時06分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 士業のクラウドソーシングサービス「Gozal(ゴザル)」を展開する(株)BECは25日、通信販売事業者などに向け、特定商取引法に基づく表記の雛形を自動生成できるツール「Gozal特定商取引法」の提供を開始した。

 通信販売を行う事業者は、消費者保護の観点から、どのように商取引を運営しているかの開示が求められる。その際、「Gozal特定商取引法」を活用することで、特定商取引法に基づく表記の雛形を1分で自動生成できる。また、雛形を作った上でGozal上で編集もできるため、ユーザーの事業内容に応じた表記を作ることも可能。

 「Gozal特定商取引法」の開始により、利用規約・プライバシーポリシーのツールと合わせて、アプリ・WEBサービスの事業者に必要な3点の法務文章を3分で生成できるようになった。

 ■「Gozal特定商取引法」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く