このページの本文へ

落としても割れない! モトローラの耐衝撃スマホ「Moto X Force」登場

2016年02月20日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 もし不意に落下させてしまっても液晶が割れないとうたう、モトローラの耐衝撃仕様スマートフォン「Moto X Force」(XT1580)が店頭にやってきた。イオシス アキバ中央通店で販売中だ。

落としても液晶割れの不安なし!? 耐衝撃仕様がウリのモトローラ製スマホ「Moto X Force」が直輸入でアキバに登場した

 強化ガラスを採用している昨今のスマートフォンでも、落下させてしまった場合に無事かどうかは運次第。ひび割れが入ったりガラスが粉々になったり……そうしたトラブルを解決してくれる、“割れないディスプレー”を採用するのがこのスマートフォンだ。

 モトローラが開発した、堅牢極まる5層構造の保護ディスプレー「Moto ShatterShield」を搭載。へこみや擦り傷を防ぐ第1層の「Exterior Protective Lens」、粉々にならないように保護する第2層の「Interior Lens」、衝撃を受けてもタッチスクリーン性能を維持する第3層の「Dual touch layer」といった保護機構により、「割れたり粉々にならないことを保証する、世界初のスマートフォンディスプレー」をうたう。

 よくスマートフォンを落として破損してしまう人はもちろん、現場作業などタフなシーンに持ち歩く場合にもピッタリな端末だ。

頑丈さの秘密は、5層構造を採用する耐衝撃ディスプレー。「割れたり粉々にならないと保証する」とうたう端末で、過去スマホを落として割ったことのある人には頼もしい仕様だ

いかにもタフそうなボディー。スペックはモトローラのフラッグシップシリーズとあって、2.5K液晶に8コア、3GBメモリーとかなりハイスペックだ

 搭載OSはAndroid 5.1。主な仕様は、ディスプレーが2560×1440ドットの5.4型液晶、プロセッサーはオクタコアのSnapdragon 810、メモリー3GB、ストレージ32GBと、なかなかにハイスペック。フロント500万画素/リア2100万画素のカメラを備えるほか、ボディーは防水・防塵に対応。ネットワークはBluetooth 4.1、NFC、無線LANをサポート、通信規格はLTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/25/28/40などに対応している。

 イオシス アキバ中央通店にて、店頭価格8万7800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン