このページの本文へ

USB Type-C対応アダプターを同梱

東芝、「日本の美」追求したアルミ筐体ポータブルHDD

2016年02月19日 18時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝セミコンダクター&ストレージは2月19日、アルミニウム製の筐体を採用し、USB Type-C対応アダプターを同梱したポータブルハードディスク「CANVIO PREMIUM」を発表した。2月20日から発売する。

 「簡潔美」「上質感」「機能美」を追求し、「日本の美」を演出(同社では「Japan Minimal Design」と呼ぶ)。USB Type-C対応アダプタを同梱し、USB Type-C端子を設けるPCの外部ストレージとしても利用できる。東芝製の2.5型HDDを内蔵。容量は3TB、2TB、1TBのラインアップで、カラーは「ダークグレーメタリック」と「シルバーメタリック」の2色。価格はオープンプライスで、実売価格は3TBが2万7000円、2TBが2万1000円、1TBが1万4000円ほどになる見込み。

「簡潔美」「上質感」「機能美」を追求し、「日本の美」を演出

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン