このページの本文へ

1万円台イヤフォンから変わり種スピーカーまで、今旬のBluetoothオーディオを聴きまくる! 第3回

変態的……いや、超個性的なBluetoothスピーカーを試聴する!

2016年02月17日 10時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ド派手でカラフルなイルミネーションが楽しい!
JBL「PULSE2」

PULSE2の外観。一見すると円筒部分はユニットを保護するパンチングメタルにも見えるが、なんとこの面が発光する

PULSE2の外観。一見すると円筒部分はユニットを保護するパンチングメタルにも見えるが、なんとこの面が発光する

 JBL 「PULSE2」(実売価格 2万8000円前後)は、円筒形のコンパクトなモデルで、タテに置いて使うイメージだ。カラバリはシルバーとブラックの2色があるが、電源オフだと、ごく普通のポータブル型のスピーカーという印象だ。

本体にある充電用microUSBケーブルとステレオミニ端子。防水キャップ付きだ

本体にある充電用microUSBケーブルとステレオミニ端子。防水キャップ付きだ

背面の操作ボタン群。タッチセンサー式のボタンで、音量や再生操作のほか、イルミネーションの切替えなどもできる

背面の操作ボタン群。タッチセンサー式のボタンで、音量や再生操作のほか、イルミネーションの切替えなどもできる

天面にはパッシブラジエーターが備わっており、力強い低音を再現する

天面にはパッシブラジエーターが備わっており、力強い低音を再現する

 最初に概要を説明すると、BluetoothはSBCコーデックに対応し、ハンズフリー通話も可能。バッテリー寿命は約10時間で、IPX5相当の防水仕様なので、アウトドアで水のかかるような場所でも使える。

 ここからが本製品を選んだ理由なのだが、電源を入れると筒の部分のほぼ前面がカラフルなイルミネーションで発光する。

ランプを発光させたところ。テーマを切り替えることで、ランタンのような雰囲気のある発光を選ぶこともできる

ランプを発光させたところ。テーマを切り替えることで、ランタンのような雰囲気のある発光を選ぶこともできる

 シンプルな見た目と思っていたが、かなり派手だ。ド派手といってもいい。マルチカラーLEDを採用しており、鮮やかな色の光が音楽に合わせて動き回る。たとえば赤系の光なら、まるで筒の中で炎が踊っているようなダイナミックな光り方をする。

 ちなみにイルミネーションは8種類のテーマがあり、本体の操作のほか、スマホ用アプリの「JBL Connect」でも操作が可能。LEDライトをオフにするなどの自由に行なえる。

 また、このアプリを使えば2台を無線接続してステレオ再生できる。

 Bluetooth接続を行なうほか、いろいろと試してみると、動作状態に合わせて発光色が変化するのも面白い。Bluetoothのペアリング時は前面が青く点灯した。音声で動作状態を示すモデルは多いが、発光でそれを行なうのは実にユニークだ。

音質はパワフル! ボーカルの声も鮮明に聞こえる

 その音はJBLらしいパワフルで元気のいい鳴り方。サイズ的にも低音はあまり出ないが、パッシブラジエーターを備えることもあって中低音がしっかりとした聴きやすいバランスだ。

 「ガールズ&パンツァー劇場版」の元気一杯のマーチのエネルギー感も十分に伝わるし、音が弾むような楽しげな鳴り方も気持ちいい。コンパクトな一体型なのでステレオ感は乏しいものの、ボーカルはぐっと前に出る再現で伴奏と溶け合ってしまうようなことはない。音色もクリアで鮮明。キレの良いリズム感もあって溌剌とした音になる。

 ライトの切り替えで雰囲気のある発光も選べるが、どちらかというとパーティーのような場所でにぎやかにイルミネーションさせた方が楽しいモデル。キャンプなどのアウトドアのレジャーに持って行くのも面白そうだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中