このページの本文へ

もう迷わない

2大迷宮、新宿駅・東京駅の公式ナビアプリ待望のリリース

2016年02月10日 19時02分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今いる場所が一発でわかる! トイレなど利用したい施設をハイライト表示することも可能

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2月9日、駅構内のナビゲーションサービスを試行すると発表。あわせて、スマートフォン向け無料アプリ「駅構内ナビ」をApp Store/Google Playで配信開始した。

 位置検出用のBeaconを東京駅と新宿駅の構内に設置。BluetoothでBeaconの情報を受信し、位置情報をアプリに表示する仕組みだ。

 東京駅および新宿駅で「現在位置の表示」「目的地までの経路案内」「目印となる施設を利用した経路ガイダンス」が利用できる。また2014年12月の試行結果をもとに、待ち合わせに便利な位置共有機能や、Suicaコインロッカーの空き情報を提供するなどの改良を行なった。英語にも対応している。

目的地までのガイダンスを表示

コインロッカーの空き状況もわかる

 対応OSはiOS 8.0以上、Android 4.4以上。なお、試行期間は2月9日から3月18日までを予定。JR東日本は「本試行を通じてサービス内容を評価し、今後の実用化を目指す」としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン