このページの本文へ

4基のスピーカー×ドルビーオーディオの臨場感

ゲーマーのために生まれたAndroidタブ「Predator 8」

2016年02月10日 11時25分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Predator 8」

 日本エイサーは2月10日、Android 5.1搭載の8型ゲーミングタブレット「Predator 8(GT-810)」を発表した。2月19日から販売を開始する。

 4基のスピーカーに加えてsRGBカバー率130%のディスプレーを搭載するなど、AV機能に特化したタブレットだ。サウンドシステムにドルビーオーディオを採用したほか、独自アプリ「Predator MediaMaster」で、映画やゲームなどコンテンツに合わせてAV環境を設定できるのも特徴。

背面のデザインも特徴的だ

 Atom x7-Z8700(2.40GHz)、2GBメモリー、32GB eMMC、WUXGA(1920×1200ドット)の8型IPS光沢ディスプレーを搭載。インターフェースはMicro-USB端子、microSDカードリーダー、約500万画素の背面カメラ、約200万画素の正面カメラを備えている。

 無線規格はIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0に対応。バッテリー駆動時間は約8.5時間。本体サイズはおよそ幅127×奥行き218×高さ8.7mmで、重さはおよそ350gだ。

 価格は5万5000円前後となる見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン