このページの本文へ

USBの裏表問題を解決! USB 3.1 Type-C対応SSDケース

2016年02月02日 19時57分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 センチュリーは2月2日、USB 3.1 Type-Cで接続可能なSATA 6Gbps対応SSDケース「シンプルBOX2.5 USB3.1 Type-C 7mm」を発表。2月上旬から発売する。予想実売価格は4298円。

「シンプルBOX2.5 USB3.1 Type-C 7mm」

 同製品は、工具不要で簡単にドライブの組み込みができるケース「シンプルBOX」シリーズ、7mm厚SSD専用の新製品。SSD専用のため、本体サイズ/重量は幅85mm×奥行き134mm×高さ10.5mm/約60gと薄型軽量なのが特徴。USB 3.1 Type-Cのコネクター形状により、従来までの難点だった裏表の挿し間違えが発生しないというメリットがある。

 インターフェースは、デバイス側がSATA I/II/3.0/1.5Gbps/3.0Gbps/6Gbps、ホスト側はUSB3.1 Generation 2 10Gbps。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン