このページの本文へ

iPhoneインスパイア系の最高峰?新興中華ブランドの高性能スマホが入荷

2016年01月22日 09時59分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どことなくiPhoneに似たデザインを採用する、中国LeEcoブランドのハイエンドスマートフォン「LeTV Le 1s X500」がイオシス アキバ中央通店に入荷している。ハイスペックながら、価格は3万2800円と安価だ。

3万円チョイと格安ながら、かなりのハイスペック構成を誇る中華スマホが登場。メーカーは新興のLeEcoで、外箱含めiPhoneを意識したデザインを採用している

 中国で動画配信サービスを手がけているLeTVがスマホ業界に参入、「LeEco」のブランド名で昨年に発表したハイエンドスマートフォンがアキバにやってきた。どこかiPhoneを連想させるデザインながら、オクタコアCPUやフルHDディスプレーを搭載するなど、スペックはなかなかに豪華。それでいて3万円チョイで購入できるという、お買い得な端末だ。

 ディスプレーはフルHD解像度の5.5型液晶を採用し、プロセッサーはMediaTekのオクタコアCPU MT6795T(2.2GHz)、メモリー3GB、ストレージは32GB(外部ストレージは最大128GBのmicroSDXC)を実装する。

iPhone 6 Plusと並べてみる。ちなみにこのモデルはローズゴールドかと思いきや、これでゴールドモデルなのだとか

ただしスマホとしての性能は一級品。背面には指紋認証リーダーを搭載、コネクターもUSB Type-Cを採用している

 そのほか、500万画素のインカメラと1300万画素のメインカメラを備え、ネットワークは5GHz帯の無線LANとBluetooth 4.0をサポート。指紋認証にも対応するほか、充電・同期用のコネクターには最新のUSB Type-Cが採用されている。

 また、通信規格はLTE バンド1/3/7/38~41、W-CDMA 850/900/1900/2100MHzなどに対応。microSIMとnanoSIMに対応したデュアルSIMスロットを搭載している。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン