このページの本文へ

会議録音から演奏の録音まで幅広くハイレゾで録音

リモート操作も可能なハイレゾ対応ICレコーダー、ソニー「ICD-SX2000」

2016年01月22日 14時31分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ICD-SX2000

 ソニーは1月19日、新開発マイクカプセルを内蔵した可動マイク搭載のハイレゾ対応ICレコーダー「ICD-SX2000」を発表した。2月13日に発売する。

 左右マイク部は外側/平行/内側に可動し、狭角(ズーム)から広角(ワイド)まで幅広い用途に対応。同社のフルデジタルアンプ「S-Master」をハイレゾに対応させた「S-Master HX」を搭載することで高音質なハイレゾ録音が可能。また、スマホ(Android/iPhone)とワイヤレス接続して録音の開始/停止などのリモート操作も可能。

質感の高いアルミ切削部品のみで実現したマイク部を専用ガードが保護する機能とデザインを両立させたボディー

 録音形式はリニアPCMが最高96kHz/24bit、MP3が最高320kbpsステレオ。また、リニアPCM・FLACの192kHz/24bitやMP3、WMA、AACの再生にも対応する。

風切音低減用のウィンドスクリーンが付属する

 記録メディアは内蔵16GBメモリのほか、microSDHC/microSDXCメディアにも対応。内蔵スピーカー、ステレオマイク入力端子、ステレオヘッドホン端子などを装備。下部にはUSBコネクターを備えておりパソコンに直接接続、データ転送や内蔵電池の充電が可能。

スマホアプリを利用すればリモート操作も可能となる

 本体サイズは約幅44×高さ120×奥行き14.5mm、重量約98g(内蔵充電池含む)。同社直販価格は3万2270円。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン