このページの本文へ

上海問屋「紙みたいなデジタルカメラ」

ちゃんと使える! 極薄6mmの「紙みたいなデジタルカメラ」

2015年12月25日 22時10分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 約6mmの極細ボディで主要素材が紙でできているというユニークなデジカメ「紙みたいなデジタルカメラ」(型番:DN-13536)が上海問屋から発売。ドスパラ パーツ館3Fで販売中だ。

約6mmの極細ボディで主要素材が紙でできているユニークなデジカメ「紙みたいなデジタルカメラ」

 「紙みたいなデジタルカメラ」は、その名の通り、約6mmの薄型ボディを紙のパーツで挟んでいるだけというユニークなデジタルカメラ。「本当に使えるのか?」と疑いたくなるほどシンプルな構造ながら、写真(1280×1024/JPEG)はもちろん動画(720×480/30fps/MotionJPEG)や音声(ボイスレコーダー機能)をmicroSDカード(最大16GB)に記録できる。

約6mmの薄型ボディは本当に薄くて軽い。カバン入れて置いても邪魔になることはない

 バッテリーは3.7V/120mAh。サイズ68(W)×20(D)×6(H)mm、重量約43g。製品には紙製の2種類のカバーが付属され、気分に合わせて着せ替え可能だ。価格は3055円となっている。

持ち運びに便利なストラップも2本ついている

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ