このページの本文へ

外から家の様子を把握、家電を操作できるスマホ対応の学習リモコン

2015年12月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 家電やAV機器を外出先からスマートフォンで操作できる、ラトックシステムの学習リモコン「REX-WFIREX1」が発売。パソコンハウス東映など各店で販売が始まっている。

家の家電やAV機器のリモコンをひとまとめにして、スマホから操作できる学習リモコン。トップにセンサーを搭載、アプリから室内の様子が分かるという高性能モデルだ

 家電やAV機器のリモコン情報を登録、スマートフォンから一括操作できる無線LAN接続の学習リモコン。無線LANルーター経由で送られた信号を赤外線に変換、専用アプリからリモコンと同じ感覚で操作できる。

 クラウドサーバー経由で操作できる「家外(いえそと)モード」を備え、外出先など離れた場所からでも家電の操作が可能。ユニット本体には温度・湿度・照度センサーが内蔵され、室内の状態をアプリで確認しながら家電を動かすことができる。

 クラウドサーバー経由で操作できる「家外(いえそと)モード」を備え、外出先など離れた場所からでも家電の操作が可能。ユニット本体には温度・湿度・照度センサーが内蔵され、室内の状態をアプリで確認しながら家電を動かすことができる。

クラウド経由での操作にも対応、外出先からセンサーの情報を参考に最適な家電操作ができる。アプリも通常のリモコンと同感覚で使用可能だ
背面には無線LANのWPS設定ボタンや充電用のmicroUSB端子、電源スイッチを搭載。バッテリー動作のほか、電池での動作にも対応している

 無線LANの範囲内で使用する「家中(いえなか)モード」では、タイマー機能やマクロ機能をサポート。家電をグループで登録し、任意の時刻に複数の家電を起動・停止させるといった操作も可能だ。また、主要メーカー・機種のリモコンデータはアプリに登録済みのため、誰でも手軽に運用できる。

 モバイルデバイスの対応機種は、iOS 8.4以降、Android 4.4以降。信号の有効範囲は最大10m、水平方向最大360°、垂直方向最大180°。見晴らしのよい場所に設置すれば、より広範囲の家電が操作できる。

 販売しているショップは、パソコンハウス東映と東映ランド、東映無線ラジオデパート店で、価格は1万4120円だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン