このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

【12月版】iPhone 6sの料金・端末価格を徹底分析 どこがオトク?

2015年12月20日 12時00分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5分以内国内定額も選べるソフトバンクは
auのケースと非常に近い

 最後は現在旧プランでiPhoneを使っているソフトバンクユーザーの例。事務手数料などをのぞいて、auの例に近い。

(税抜) 旧プランのSB版iPhoneユーザー SB→SBでiPhone 6sに機種変更
旧プラン 新プラン
基本使用料 ホワイトプラン(i) ホワイトプラン(i) 通話し放題ライト 通話し放題
934円 934円 1700円 2700円
ISP料金 S!ベーシックパック(i)
300円
データ
定額
パケットし放題フラット for 4G LTE
(7GB)
パケットし放題フラット for 4G LTE
(7GB※)
データ定額パック 標準
(月5GB※)
5200円 (2年) 5700円 5000円
合計 6434円 (2年) 6934円 7000円 8000円
通話定額 1~21時のSB宛通話 1回5分まで定額 国内通話定額
その他
コストなど
  3000円(事務手数料)、
機種変更下取りプログラム

※:最大13ヵ月間、1GBの通信量がボーナスされる

 ソフトバンクもauと同じく、旧プランでiPhone購入時にデータ定額が月500円割引されるキャンペーンが終了している。旧プランと新プランの料金差が縮まっている点など、auとよく似ている。新プランのデータ定額も月3GBのコースが無いこと以外はほぼ同じだ。旧プランのテザリングオプションも同様。

※:「家族データシェア」を利用する場合は、月9800円

SB→SBでの旧機種の買い取りは
毎月の割引の増額かカードへのチャージで還元

 他社と同様に、ソフトバンク→ソフトバンクの機種変更の場合も、旧端末を買い取る「機種変更下取りプログラム」が用意されている。こちらは毎月の通信料金に24ヵ月間の割引、またはソフトバンクカードへのチャージで還元される。

 auへのMNPはドコモ→auの場合と同じなので、詳しくは3ページ目で、ドコモへのMNP時についても、4ページ目の説明を見ていただきたい。なお、ソフトバンクのみMNP転出手数料が3000円である(他キャリアは2000円)。

※:最大13ヵ月間、1GBの通信量がボーナスされる

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中