このページの本文へ

レースクイーン撮影会に超高級コンデジ「RX1R II」で挑んだ!

2015年12月20日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

さあ、レースクイーンを撮ろう!

 Sonner T* 35mm F2は開放から解像力が高く、後ろをぼかしたいなら開放に、少し落ち着かせたいなら絞るくらいの感覚でいい素直な印象だ。それもあってか、AUTOで撮影しているとだいたいf2に設定されていることが多い。人物の場合はf2~f5.6で遊ぶと楽しいと思う。下記写真は大半をブラケットで撮影し、DROをオフを基準にしている。一部、クリエイティヴスタイルを変更したり、ホワイトバランスを変更したりしているが、それは別途明記するが、基本的にはカメラ任せに近い。

モデルは荒井つかさちゃん。撮影会で用意されていた光源×2+自然光差し込みアリのもの。1/400、f2、ISO400もう少し絞ったほうが袴の柄がぱりぱりしてよさげ。1/320、f2、ISO400、EV+0.3
寄って少しオーバー気味にすると、ツァイスぽいふんわり系になる。1/400、f2、ISO800、EV-0.3先の写真と少し状況を変えたもの。1/400、f2、ISO640、EV-0.3
モデルは熊江琉唯ちゃん。背景黒キツいなーと思いつつ、カメラ任せにしてみたところ、着物優先的な感じに。ただf2.5あたりはとても人物向きな感じ。1/250、f2.5、ISO200Aモードのテスト。眩しかったのでEVFを見ながらEV+1.7。1/500、f2.5、ISO1600
35mmなのでこういったほうが楽しい印象。個人差はあるが。1/500、f2.5、ISO1250
たまにAWBがずっこけることがあるが、ソニー機のお約束なのであとから調整がいいだろう。1/500、f2.5、ISO640
モデルは山村ケレールちゃん。バストアップくらいがちょうどいいかも。1/320、f2.2、ISO640
ふと、スピードライトをもってきていることを思い出したので、撮影しやすい小部屋でテスト。ホワイトバランス4700、クリエイティヴスタイルをニュートラル、彩度-1。スピードライトはDi700Aを手持ち。照射角135mmに設定 1/250、f2.5、ISO100f4が個人的にほどよくパキパキしていてお気に入り。クリエイティヴスタイルをスタンダード、彩度-1。ホワイトバランス7000、Di700Aを手持ち。照射角105mm。1/250、f4、ISO125
先の設定のまま、少し寄ったもの。クリエイティヴスタイルをスタンダード、彩度-1。ホワイトバランス7000、Di700Aを手持ち。照射角135mm。1/250、f4、ISO125Di700AとAir1は問題なく動作した(スタジオに向かう途中の電車内に一脚を忘れた)
モデルは水谷望愛ちゃん。後半になって、やはり微妙な手ぶれが怖いので、ISO1000以上にすることが多かった。1/500、f2.2、ISO1000ボディーがコンパクトなのでこういったアングルでも威圧感なくていいような…… 1/500、f4、ISO2500
バリアングルモニターがあるので、こういったカットもラク 1/500、f2、ISO640
さらにローから狙うのも体にやさしい。1/800、f2.2、ISO1600

※以下の写真リサイズなしで掲載しています。18MBあるのでご了承ください。

さて。どうしてレースクイーンがフル解像度じゃあないんだと思った人も多いハズだが、オトナの事情であり、それを察したスエミィーが体を張ってくれたので、42MPをチェックしてほしい。毛穴までバッチリだ! 1/80、F3.5、ISO2500

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン