このページの本文へ

SCM SaaSスイート最新版、他のアプリケーションでも機能を強化

製造業SaaS「Oracle SCM Cloud」が需給計画、生産管理を追加

2015年12月08日 13時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本オラクルは12月8日、製造業のグローバルサプライチェーン管理のためのSaaSスイート「Oracle Supply Chain Management(SCM)Cloud」最新版を発表した。需給計画、生産管理の各アプリケーションが追加されたほか、受注管理などの機能が強化されている。

Oracle SCM CloudのWebサイト

 Oracle SCM Cloudは、プロダクトライフサイクル管理からサプライチェーン計画、調達/決済、製造、メンテナンス、ロジスティックスまでをカバーする、複数のアプリケーションで構成されたSaaSスイート。

 今回新たに、需給計画の「Oracle Planning Central Cloud」と生産管理の「Oracle Manufacturing Cloud」が追加された。これにより、すでに提供されている製品企画支援の「Oracle Innovation Management」も合わせ、製品アイデアから商品化まで、調達から支払まで、受注から入金まで、計画から製品までの幅広いビジネスプロセス全体を、クラウド環境で運用できる。

 Oracle Planning Central Cloudは、計画から生産までの一貫したプロセスを途切れなく管理する需給計画アプリケーション。需要計画、在庫、および供給計画を、直感的な画面表示で最新のアナリティクスワークベンチに統合する。他のSCM Cloudアプリケーションとも緊密に連携し、計画のアウトプットに基づいた在庫移動や製造作業指示、購買活動などのアクションが実行できる。

 Oracle Manufacturing Cloudは、生産業務の効率的な準備と実行を支援するアプリケーション。正確な部品投入計画、製造工程手順を計算し、作業指示書を発行し、生産現場のモニタリングを行うことで、進捗の遅れや工程の問題点確認、製造コスト分析などに役立つ。「Oracle PLM Cloud」および「Oracle Product Master Data Management Cloud」と統合されている。

 そのほか、受注管理の「Oracle Order Management Cloud」や「Oracle Procurement Cloud」「Oracle Inventory Cloud」「Oracle Cost Management Cloud」など、他のSCM Cloud製品においても機能強化が実施されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ