このページの本文へ

ウォズニアックも思わずサムズアップ、東京でコミコンが2016年に初開催

2015年12月04日 17時29分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
コスプレイヤーの御伽ねこむさんの衣装に思わずサムズアップして賞賛する茶目っ気たっぷりなスティーブ・ウォズニアック氏

 アメリカンスタイルをベースとする映画や漫画といったテクノロジーとポップカルチャーの祭典「Tokyo Comic Con 2016」が2016年12月3日・4日に国内で初めて開催される。その記者発表会が今日4日に都内で開催された。

 Tokyo Comic Con 2016では、コミック・コスプレ・SF・ファンタジー・アニメなどさまざまなジャンルのポップカルチャーが集結。トークショーやサイン会、撮影会などのコンテンツを企画しているという。

「Tokyo Comic Con 2016」主催/運営会社であるポップ・カルト・インクCEOのトリップ・ハンター氏

アップル共同設立者のスティーブ・ウォズニアック氏も来日

 発表会では、発起人の一人であるアップル共同設立者であるスティーブ・ウォズニアック氏が登壇。「スパイダーマン」などの原作者としても知られるスタン・リー氏との会話の中で東京でコミコンを開催しようという発想が浮かんだという。ウォズニアック氏は「コミコンを真にグローバルなイベントにするために東京コミコン開催に至った」という。

スティーブ・ウォズニアック氏

ウォズニアック氏が見えている未来の世界は?

 また質問には、ウォズニアック氏が見えている世界はどのようなものかというものも。「音声認識というのは今後も発達していくと思います。機械がまるで自分の友人のように答えてくれる。ただ、感情や意識というものを持つ人間の機能を再現するのはまだ難しいです。アップルでも「Knowledge Navigator」というAIを搭載した、今日の予定を音声で知らせてくれるコンピューターがありました」と、人工知能を搭載した機械の自動化を進むと予想した。確かに現時点で車の自動操縦は現実的になりつつあるし、ありえない話ではないだろう。

 ステージの後半では、俳優の三船敏郎さんの娘でタレントの三船美佳さんが着物姿で、コスプレイヤーの御伽ねこむさんが未来をイメージした衣装で登壇。三船さんは、オビ=ワン・ケノービ役として三船敏郎氏にオファーがあった有名なエピソードを話すとともに、テクノロジーが進化しか今なら引き受けてくれたかもと語った。

タレントの三船美佳さん
コスプレイヤーの御伽ねこむさん
ステージの後半では、スターウォーズでパルパティーン皇帝役を演じているイアン・マクダーミドさん(写真左)、ダースモール役を演じているレイ・パークさん(写真右)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ