このページの本文へ

ワイヤレスだと入力文字列がどこかに漏れる可能性があるのも確か

個人情報の漏えいを防ぐ、マイクロソフトのワイヤレスキーボード

2015年12月04日 14時35分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Wireless Desktop 850

 日本マイクロソフトは12月4日、データ暗号化技術に対応したワイヤレスキーボード3製品を発表。12月11日より発売する。

 ワイヤレスキーボードは無線を傍受されれば入力した文字が原理的には復元可能という問題があり、とくにパスワードやクレジットカードなどの重要な情報が漏洩する危険性がある。

Wireless Keyboard 850

 今回発売されるキーボードは、米国標準技術研究所(NIST)が作成した電子データ暗号化仕様「AES暗号化技術」に対応。各キーボードは製造段階で受信機と恒久的な関連付けが行なわれ、解読に必要なキーにもアクセスできないようにファームウェアが作られているため、個人ユーザーだけでなく法人でも安全に使用できる。

Wireless Comfort Desktop 5050

 製品は2タイプ3製品。ベーシックな「Wireless Keyboard 850」は従来製品「同 800」をAES対応としたモデル。価格は3218円。850にマウスがセットとなった「Wireless Desktop 850」も用意され、価格は4298円。エルゴノミクスデザインの「Wireless Comfort Desktop 5050」は従来製品「同 5000」をAES対応としたもので、マウスとのセットモデルのみとなり、価格は8618円。いずれも対応機種はWindows 10/8/7、Mac OS X v10.4~10.7。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン