このページの本文へ

AREA「アッパージャンクション」

RCA→HDMI変換、さらにアナログ分配も可能な映像変換器

2015年12月02日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアから、コンポジット端子をHDMIに変換し、さらにアナログコンポジット信号にも対応する映像分配/変換の複合機「アッパージャンクション」(型番:SD-UPCBH2)が発売された。

コンポジット端子をHDMIに変換し、さらにアナログコンポジット信号にも対応する映像分配/変換の複合機「アッパージャンクション」

 この製品は、入力コネクターにRCA端子(コンポジット)、出力コネクターにRCA端子(コンポジット)とHDMI端子×2を備える映像分配/変換の複合機。コンポジット仕様の古いゲームやDVDをHDMI装備の液晶ディスプレーで楽しめるほか、1系統のコンポジット出力を同時に出力できる。

 HDMI接続のキャプチャーユニットを使えば、液晶ディスプレーに出力しながらキャプチャーすることも可能だ。

 メニュー画面は従来モデルから改善され、階層の浅いフルカラーのGUIを搭載。入力映像の画質やコントラストを調整したり、信号ノイズを減らすといった画質調整機能もサポートしている。本体サイズは130(W)×82(D)×29(H)mmで、重量は約111g。

 価格は8640円。パソコンショップアークやテクノハウス東映、東映ランド、パソコンハウス東映で販売中だ。

古いゲームやDVDプレイヤーを持っている人は注目。HDMI装備の液晶ディスプレーに表示可能だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中