このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

短時間聴いて、音にも納得

密閉型の人気機種、再生産が決定「AKG K550 MK2」

2015年12月03日 13時00分更新

文● 小林 久/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

金属製のアーム部分には適切な長さがわかりやすい目盛り付き

惜しまれつつ生産終了した人気モデル、再生産へ

 ハーマン・インターナショナルは12月3日、密閉型ヘッドフォンの新機種「AKG K550MKII」を発表した。価格はオープンプライスで、店頭での販売価格は2万円台後半になる見込み。12月中旬の出荷を予定している。

AKG K550 MK2。一部のロゴを除くと、デザインはK550とかなり近い。

 2011年に国内発表された「AKG K550」の後継製品。AKGブランドにおける“密閉型ハイエンドモデル”となる。AKG K550は、2015年夏ごろに生産が完了。現在では流通在庫のみの状態になっている。2011年末以降、まず日本をはじめとしたアジア各国で高く評価され、その後、米国や欧州でも人気が爆発。ロングセラー製品となった経緯を持つ。

 K550の生産完了については、当然のように惜しむ声も多かった。そこでAKGは、自社工場内に新規ラインを起こし、生産体制を整えたうえで、再生産に踏み切ったという。デザインやカタログ上のスペックに大きな変更はないが、ドライバーユニットを新世代に更新するなど、一部ブラッシュアップも加えている。

円形を中心としたオーソドックスなデザイン。色はブラック。

 AKG K550MKIIは、直径50㎜と大型のドライバーを採用。本体重量は305g。インピーダンスは32Ω、周波数特性は12Hz~28kHz、感度は94dB/mWというスペック。

 空気抜きの役割を果たす“ベンチレーション・システム”を備えており、密閉型のヘッドフォンだが、こもりが少なく、自然な音の広がりが得られる。ソフトな感触の「低反発イヤーパッド」や目盛り付きで伸縮の長さを正確に把握できる「アルミ製ヘッドバンド」「折りたたみ機構」など装着性、携帯性についても配慮された製品となっている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画