このページの本文へ

あらゆるフォノフォーマットに対応するイコライザー機能も

レコード音源を384kHz/32bitデータに変換、M2TECHの新ADコンバーター

2015年11月28日 10時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一番上が「Joplin MKII」

 トップウイングは11月27日、同社が輸入販売元を務める「M2TECH」の新製品発表会にて、デジタルフォノイコライザー兼 384kHz/32bit対応ADコンバーター「Joplin MKII」を発表した。

 レコードプレーヤーなどアナログ出力機器の音声を、USB経由で最高384kHz/32bitのPCMデジタルデータに変換してPCに出力できる。入力端子はアナログRCA端子、S/PDIF端子。出力端子はUSB 2.0端子、AES/EBU端子、S/PDIF端子、光端子を備えている。

「Joplin MKII」のインターフェース

 最大の特徴は、27種類のイコライゼーションカーブを選択できる点。「RIAA」「Capitol」「Columnbia」など、1925年から現在までに使用されてきたあらゆるフォノ・フォーマットに対応できるという。LP用のイコライゼーションカーブを16種類、SP用を7種類、さらにオープンリールテープレコーダー用のものを4種類用意する。カーブはPC上から操作できるだけでなく、付属リモコンからも操作できる。

付属リモコンからの操作も可能

 発売日は12月下旬。価格はオープンで、実売価格は23万7600円となる見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画