このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第38回

手動設定で復活可能

あれっ、Windows 10に「クイック起動」はないの?

2015年11月29日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

調査依頼
Windows 10に「クイック起動」はない?

タスクバーを右クリックし、「ツールバー」→「新規ツールバー」をクリックする

 Windows Vistaまではスタートメニューに「クイック起動」という機能が用意されていた。タスクバーの右クリックメニューから表示でき、アプリのショートカットを登録してランチャーのように活用できたのだ。

 タスクバーにピン留めしてもランチャーのように使うことはできるので、無理して使わなくてもいいだろう。しかし、「クイック起動」のアプリを起動している状態でマウスポインタを合わせても、ウィンドウのサムネイルは表示されないし、右クリックしてもジャンプリストは出ない。特定の作業をする際のアプリをまとめて登録しておき、必要なときに引き出して利用するといった使い方もできる。

 Windows 7以降では「クイック起動」を右クリックメニューから直接オンにすることはできないが、設定は残されている。「クイック起動」を使いたいなら、手動で復活させよう。

「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Internet Explorer¥Quick Launch」を選択する
「クイック起動」が登録された。ボタン名を非表示にしたり、アイコンサイズを変更して使いやすく設定しよう

 まずは、タスクバーを右クリックし、「ツールバー」→「新規ツールバー」をクリック。「C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Internet Explorer¥Quick Launch」を選択すれば、「クイック起動」が表示される。右クリックメニューからボタン名を非表示にしたり、位置を調整したりして、使いやすいように設定すれば完了だ。


これでズバッと解決!

 新規ツールバーの追加から、隠されている「Quick Launch」フォルダーを選択すれば復活できる


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン