このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

USB 3.0が8つも! Core i7-6700K搭載ハイエンドゲーミングPC「GALLERIA ZF」を検証

2015年11月06日 11時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Core i7-6700KのほかNVIDIA GeForce GTX970を搭載。大体のゲームは楽しめるハイエンドPC「GALLERIA ZF」

 進化する3Dゲームの高解像度・高画質。それを処理するCPU・GPU性能の向上。そのポテンシャルをいかんなく発揮するためのハイエンドゲーミングPCがドスパラの「ガレリア」シリーズ。その中で、8月に発売されたばかりのインテル Core i7-6700K(4.00GHz)を搭載し、ビデオカードにGeForce GTX970 4GB(PCI Express3.0)を標準装備したハイスペックPCである「GALLERIA ZF」を4回に渡って紹介。今回はその外観から見ていこう。

 本体サイズは幅207mm×奥行き520.7mm×高さ450.2mmと大型の筐体ながら、最近のトレンドでもある電源ユニットを下部に配置することで安定性を保っている。4点で支える脚部にはシリコンゴムを用いて、不要な振動を抑えるよう設計されているため、デスクトップPCを机上に置いた際に気になるマシンの微振動をほとんど感じることがない。

「GALLERIA ZF」の外観。斜めのラインがデザインされ、シャープなイメージ
GALLERIA ZFの主なスペック
CPUCore i7-6700K(4.0GHz、最大4.2GHz)
OSWindows 10 Home
メモリー16GB(PC4-17000)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX970
ストレージ250GB SSD
2TB HDD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
インターフェースUSB 3.0×8、DVI-I端子、HDMI端子、miniDisplayPort×2、有線LAN端子、SDカードリーダー
電源700W(AcBel製/80PLUS BRONZ)
本体寸法幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm
重量約13.9kg
販売価格18万9980円(税抜き、送料込)

次ページでは、「USB端子はすべて3.0! microSDカードリーダーも標準装備

前へ 1 2 次へ

関連サイト
コンテンツ