不気味な行列が街を練り歩くなど大いに渋谷を賑わせたイベントが今年も開催された。" />

このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

そして朝は掃除で締める!

社長も仮装、すさまじい熱気のレノボ流ハロウィンナイト

2015年11月04日 15時56分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
公園通り広場に設置されたLenovo Presents シブハロ 2015特設ステージ

今年も渋谷ハロウィンはすごかった

 レノボ・ジャパンが手がける今年のハロウィン「Lenovo Presents シブハロ 2015」。昨年は、不気味な行列が街を練り歩くなど大いに渋谷を賑わせたイベントが今年も開催された。

昼間はGIRLS DJの時間。使用されたのはレノボのYOGAシリーズだ

 メイン会場となる渋谷パルコ前の公園前広場。ここでは日中から女性DJらによるパフォーマンスが披露され、自然と人だかりができていた。

かなり目立つステージで、自然と人が集まる

夕方頃から人がどんどん増えてくる

 夕方が近づくと、さまざまなコスチュームに身を包んだ人々がどこからともなく集まってきて渋谷は大混雑に。昨年も人だかりに圧倒されたが、今年は勢いを増していたような気がする。

夕方になるにつれて、だんだんと人が増えてきた渋谷の街駅前は歩くのも大変

 その頃、特設ステージではレノボのプレゼンターとともに、ファッションブランド「rienda」のスタッフらによるトークショーが披露された。「SNSで『いいね!』をたくさんもらうには、スマートフォンじゃなくてデジタルカメラで撮影するのがポイント」など、デジタルにゆかりのある話題が繰り広げられた。

ファッションブランド「rienda」のショップ店員であるrind girlsがトークショー。SNSで人気を集める秘訣などを語った

DJ HASEBE、PCによるDJを語る

 昨年に引き続きDJ HASEBEも登場。IMALUとともに「PCによるDJ」の魅力を語った。「PCを導入する前は1箱20kgくらいある箱を4つも持ち運んでいた。PCでDJができるようになったことで、膨大なライブラリーが簡単に持ち運べるようになった。女性DJの増加にも貢献したのでは」(DJ HASEBE)。

IMALUによるDJ。積極的に観客に声をかけ、場を盛り上げていたPCによるDJが板についている
DJ HASEBEとともにトークショー

前へ 1 2 3 次へ