このページの本文へ

AMD、ビジネス市場向けAPU「AMD PRO A12」シリーズを発表

2015年09月30日 19時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは30日、ビジネス市場向けAPU「AMD PRO Aシリーズ」の新製品ラインナップとして「AMD PRO A12」を発表した。

AMDがビジネス市場向けAPU「AMD PRO A12」を発表。ExcavatorコアとRadeon R7を組み合わせた第6世代APU“Carrizo”をビジネス向けとしたものだ

 これは、6月に発表されたモバイル向けの第6世代APU“Carrizo”をビジネス向けとしたもの。“Carrizo”の詳細はCOMPUTEX TAIPEI 2015での発表記事を参照してもらいたい。

 「AMD PRO Aシリーズ」モバイルプロセッサーは、バッテリー寿命、性能、効率性を最適化。外出先の電源がない環境下における作業向けのモバイル機能、内蔵セキュリティー、管理容易性を考慮して設計されている。

 AMDによると、今回発表した「AMD PRO A12」は、プラットフォームの安定性、長期のプロセッサー寿命、より充実したシステム構成による優れた信頼性を実現するという。すでにHPのノートPC「HP EliteBook 705」シリーズでの採用が決まっている。

 具体的なモデルナンバーが公表されているのは「AMD PRO A12-8800B」のみ。これは、12基の演算コア(CPU4基+GPU8基)を搭載し、「AMD Radeon R7」GPUを唯一搭載した「AMD PRO」モバイルプロセッサーとなる。CPUクロックは最大3.4GHz、GPUクロックは最大800MHzで、グラフィックス演算コア(シェーダコア)は512基。

発表されたのは「AMD PRO A12-8800B」のみ「Core i5-5220U」と比較したベンチマークデータ

 ビジネス向けAPUということでセキュリティー機能が強化されている。ARMのセキュリティー技術「TrustZone」に対応し、専用のプロセッサーを内蔵している。機密性の高いタスクはこのプロセッサーで実行される仕組みだ。

ARMのセキュリティー技術「TrustZone」に対応し、セキュリティー専用の「AMD Secure Processor」を内蔵する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン